ZENB initiative

「ZENB」の公式アカウントです。「ZENB」は、植物を可能な限りまるごと使った食品で…

ZENB initiative

「ZENB」の公式アカウントです。「ZENB」は、植物を可能な限りまるごと使った食品で、カラダにも地球にもやさしい新しい食生活を提案しています。「ZENB」にまつわる開発秘話や、社員の思い、おいしく食べるレシピなどを語っていきます。

リンク

マガジン

  • 未来へ遺すべき一皿

    未来に遺したい究極の一皿を作品としてコレクションする次世代のフードミュージアム「パレ・ド・Z」。 「未来へ遺すべき作品を提出されたし」という手紙を受け取った一流のシェフたちが「未来の食」を想い、作り出した作品とその一皿に込めた想いをご紹介します。

  • ZENB VOICES

    ZENB initiativeの取り組みにご賛同頂いた専門家の皆様に、これからの食の未来についてのお話を伺いました。

  • ZENB ACTIVITY

    ZENBの想いに共感いただける方の輪を広げていくための活動をご紹介するマガジンです。

  • ZENBをもっと楽しむレシピ

    ZENB initiativeの考えをもとに、私たちなりのアプローチとして「ZENB」というブランドを立ち上げました。 ZENBは「おいしい」からいくらでも食べられる、食べても食べても「カラダにいい」、「環境にもいい」のでずっと続けられる、そんな食がこれからのあたりまえになることを目指しています。 ここではそんなくらしを応援できるようなレシピのお話を書いていきたいと思います。

  • ZENB PRODUCT STORY

    ZENBの商品担当が、商品についてそれぞれの想いを語ります。

最近の記事

  • 固定された記事

目次

投稿数が100本を超えて参りましたので、マガジン別に一覧で確認できるページを作りました。みなさんの好きな記事がみつかりますように。 まずは、ZENB initiativeの自己紹介です。 ZENB initiativeは、10年後、20年後の未来の食生活に向けて、今何ができるか、様々な人とともに考え、実行していく取り組みです。 ZENBはこのZENB initiativeの取り組みから生まれたブランドです。 投稿数が100本を超えて参りましたので、マガジン別に一覧で確認で

    • 身近な「食」からサステナブルを拡げる、2人の高校生とZENBの学内プロジェクト

      こんにちは、ZENBの広報を担当している林です。今回は、サステナブルな未来を本気で考える坂本りささん、八田あかりさんのお二人から始まった立命館宇治高校での学内プロジェクトをご紹介させていただきます。 きっかけは「学校でZENBを販売したい!」という1通のメールから ある日ZENBに、「高校の購買部でZENBスティックを販売したい!」という1通のメールが舞い込んできました。送り主は京都・立命館宇治高校に通う高校3年生の坂本りささん。授業の一環で「環境に配慮した商品・サービスが

      • #47 樋口宏江 ~未来へ遺すべき一皿 ~ご縁を紡ぐひとさら

        樋口宏江/ラ・メール 1951年開業の日本有数の観光ホテルである志摩観光ホテル。 フレンチレストラン「ラ・メール」を始め、ホテル全てのレストランカフェの統括をし、調理に係る60名近いスタッフを率いるのが志摩観光ホテル第七代総料理長樋口宏江。料理人として早くから頭角を現していたが総料理長にまで上り詰める女性となると、日本では数えるほどしかいない。 G7伊勢志摩サミットで、各国首脳に地の食材をふんだんに用いたフレンチでもてなし賞賛を浴びた。料理の根幹を貫くのは伝統と革新。

        • 「おいしい」で、国境を越え世界中に笑顔を届けたい

          食卓を囲むことは愛を分かち合うこと。「おいしいね」とほほえみ合えば、国境や言葉の壁がフラットになり、みんながひとつになれるんです。 食卓を囲むことは、愛を分かち合うこと福岡・薬院のメニューのない料理屋「wagamama(わがまま)」の開業を始め、国内外を飛び回りながら企業のレシピ開発を手掛けるなど、”楽膳家”として幅広い活動を行ってきた塩山舞さん。料理をするようになったのは、19歳の時に亡くなった母の影響だ。 「実家は呉服屋で、常にたくさんの人で賑わっていました。母はいつ

        • 固定された記事

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 未来へ遺すべき一皿
          ZENB initiative
        • ZENB VOICES
          ZENB initiative
        • ZENB ACTIVITY
          ZENB initiative
        • ZENBをもっと楽しむレシピ
          ZENB initiative
        • ZENB PRODUCT STORY
          ZENB initiative
        • ZENB PEOPLE
          ZENB initiative

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          名古屋初のリアルイベント! ZENB STORE@LACHIC レポート

          はじめまして、イベントやプロモーションなどを担当している野口と申します。今年の8月から新たにZENBのチームの一員となりました。 今日は、私が担当した、名古屋初のリアルイベントである、ZENB STORE@LACHICについてレポートします。 ラシックさんからのうれしいお誘い 今回の企画は、名古屋・栄にあるファッションデパート・ラシックさんでのポップアップストアでした。ラシックさんが所属する三越グループが350周年を迎えるにあたり、地元企業と取組強化していきたいということ

          名古屋初のリアルイベント! ZENB STORE@LACHIC レポート

          3分で作るほかほか朝ごはん 頑張りたくないからゼンブミールに頼ってみた

          こんにちはメニュー担当の大泉です。 朝に時間がもっとあったら…と最近毎朝思っている気がします。 入社して2年目までは、朝ごはん、お弁当を作って出社。ごはん作りに、20分くらいかけていた余裕があったのですが、段々と睡眠を優先し始めて、ぎりぎりまで寝るように。いつの日か朝がタイムアタック状態に。 気づいたら朝ごはんにかける時間は10分程度。冷凍していたパンをオーブンの解凍モードで野菜と一緒に加熱して出来上がり。 そんな中、今年に入ってから最近続けている朝ごはんがあります。それはゼ

          3分で作るほかほか朝ごはん 頑張りたくないからゼンブミールに頼ってみた

          野菜の旨みとこだわりを詰め込んだ たまごかけヌードルのための野菜だし醤油

          たまごかけヌードルのための野菜だし醤油。 一風変わった名前の商品を発売したのは、2023年3月でした。 商品企画を担当しました金田より、「たまごかけヌードルのための野菜だし醤油」の開発ストーリーをご紹介させていただきます。   商品企画担当者 和風麺としてZENBヌードルを食べるということ物語のはじまりは、2022年夏。 同じく商品企画を担当していたS氏からテーマを引き継ぐ形で、「たまごかけヌードルのための野菜だし醤油」(以下、野菜だし醤油)の開発をスタートしました。 ZE

          野菜の旨みとこだわりを詰め込んだ たまごかけヌードルのための野菜だし醤油

          笑顔溢れる食卓。上紙家とZENB

          こんにちは。ZENBの広報を担当している林です。今回は二人のお子さんを育てるお母さんであり、ZENBの商品や自然素材をこよなく愛する上紙夏花さんをご紹介します。 上紙さんのイメージはまさに「多彩」。吉本新喜劇の女優から始まり、ライターとして美容や旅行・子育てなど様々なジャンルの記事を書かれていたり、イベントや通販番組のMCをされていたり、お話するたびに新しい一面を発見しています。お休みの日にも、お気に入りの「てらがき農園」さんのマルシェ販売をお手伝いするなど、ご自身の「やり

          笑顔溢れる食卓。上紙家とZENB

          まるごと野菜をリッチなスイーツに ZENBスティックリッチテイスト

          R&Dチームの吉澤と申します。 2020年に中途入社し、その時すでにZENBスティックオリジナル(=サクサクタイプ)が商品として世の中に出ていました。ミツカンに入ろうと思ったきっかけは、まさにこのスティック。芯や種など普段食べない部分もひっくるめて「まるごと」食べることができる。今までにないコンセプトで、とても面白いと感じました。入社してそのスティックの担当になり、リニューアルから「リッチテイスト」を開発した時のことをお話できたらと思います。 ZENBスティック サクサク

          まるごと野菜をリッチなスイーツに ZENBスティックリッチテイスト

          毎日食べたいパンって何だろう。ZENBブレッドを世の中に送り出すまで

          パンが大好きです。   パンの魅力は、ふわふわの食感と幸せの香り、そしてあのふんわりした見た目だと思います。 昔住んでいた愛知県に大好きなパン屋さんがあったのですが、そのお店の焼きたて食パンを買うために、フレックス退社したことがあります。 食パンは4枚切りに限ります。軽くトーストして、ちょっと贅沢なバターをのせて。 内側はしっとりもっちり、外側はサクッと香ばしいコントラスト。 そこにバターの塩気と、パン生地の甘みが広がる。生きててよかった。と、口に出てしまうほどの至福。パンが

          毎日食べたいパンって何だろう。ZENBブレッドを世の中に送り出すまで

          発売まで4年「まるごと豆粉パン」 ZENBブレッドを生み出すまで

          R&Dチームの水田と申します。まるごと豆粉パン「ZENBブレッド」の商品開発を担当したチームを代表して、ZENBブレッドの開発スタートからのお話をさせて頂きます。 次なる新主食へのチャレンジ2019年、新入社員だった私が担当となったのは、ZENBヌードルの次なる商品としての「豆を活用した新しい主食」の開発というテーマでした。 ZENBヌードル同様に「誰もが我慢せずに食べられる、食べれば食べるほど健康になる新しい主食」を生み出そうということは決まっていましたが、当時はまだブ

          発売まで4年「まるごと豆粉パン」 ZENBブレッドを生み出すまで

          大盛況!初のアンテナショップ「ZENB STORE」実施レポート

          こんにちは!10月26日(木)に、「本日ZENB STOREオープンしました!」という記事をUPさせていただきました、ZENBのイベントなどのプロモーションを担当している木村です。   あれから、あっという間に15日間の開催期間が過ぎ、11月9日に無事に終了しました。 ZENBとの「出会い」と「好き」を作るアンテナショップを目指してきましたが、おかげ様で大盛況!たくさんのご来店や、SNSでの応援、どうもありがとうございました! ZENB STOREが好きすぎて、居心地が良す

          大盛況!初のアンテナショップ「ZENB STORE」実施レポート

          黄えんどう豆のヒミツ

          ZENBヌードルやミール、マメロニ等ZENBの多くの商品に使われている「黄えんどう豆」。 実は初めから「黄えんどう豆」に着目していたわけではなく、野菜や豆、穀物など、あらゆる植物を試して、試行錯誤を繰り返してたどりつきました。 そもそも「黄えんどう豆」て何ものなんだろうか。大豆や他の豆と黄えんどう豆の違いて何か実は知らないことばかり。そんな「黄えんどう豆」のヒミツを紐解いていきます。 はじめまして「黄えんどう豆」です「黄えんどう豆」は日本ではなじみのない豆ですが、普段食べ

          黄えんどう豆のヒミツ

          ただのマカロニじゃない。豆100%のマメロニだから広がる可能性

          商品企画チームの杉山です。 ZENBマメロニはZENBヌードルに続く黄えんどう豆100%商品の第二弾として、2021年の12月に発売されました。 このマメロニが発売されるまでのお話をさせていただきたいと思います。 ZENB USの商品を輸入「ZENB」ブランドについては、ZENB US、ZENB UKという会社もあり、実はすでにアメリカとイギリスでもZENB商品を発売しています。そこでは、日本で開発したものを輸出して売るのではなく、現地の工場で生産した商品を、現地のメンバー

          ただのマカロニじゃない。豆100%のマメロニだから広がる可能性

          おいしくて体にやさしい台湾鍋。〆はヘルシーにZENBヌードル

          秋とは思えぬ暑さが続いたり、いきなり冷え込んだりと衣替えのタイミングをすっかり見逃してしまったメニュー担当の大泉です。 美味しくて、体によくて、野菜をばくばく食べたい時、思い出す味があります。それは台湾の鍋。 実はミツカンのメニューを開発していた時代、衝撃を受けた鍋に出会いました。 衝撃を受けた台湾の酸菜白肉鍋それは東京のとある台湾料理のお店で出会いました。秋冬のある期間しか食べられない限定メニューの「酸菜白肉火鍋」。豚バラ肉や魚介をぐつぐつした後に、たっぷりの白菜をいれ

          おいしくて体にやさしい台湾鍋。〆はヘルシーにZENBヌードル

          dancyu未来食堂“罪なきZENBラーメン”

          飲食店様とのコラボレーションやイベントなどを担当している田邉です。 今回は、9月24~26日に行われたプレジデント社50周年企画の“dancyu未来食堂”にZENBとして参加してきましたので、その時のことを書きます。 今回のイベント主催者のdancyuさんとの出会いは、2022年1月。食いしん坊の祭典『dancyu祭り』の参加。菰田シェフによるマメロニやヌードルの特別メニューの販売などとても好評でした。当時のレポートはこちらです。 ■dancyu祭りレポート 一生食べ続

          dancyu未来食堂“罪なきZENBラーメン”