マガジンのカバー画像

ZENB PRODUCT STORY

18
ZENBの商品担当が、商品についてそれぞれの想いを語ります。
運営しているクリエイター

記事一覧

素人集団が挑んだ、豆100%麺「ZENBヌードル」誕生までの道のり

ZENBヌードル開発時、R&Dグループの一員として携わっておりました龍と申します。 初期の技術…

ZENB initiative
1か月前
27

まるごとマメロニ入り!食感も楽しい食べるマメロニスープができるまで

ZENB マメロニが入った 食べるミネストローネ・きのこチャウダーは、2023年の10月に発売しまし…

ZENB initiative
3か月前
9

野菜の旨みとこだわりを詰め込んだ たまごかけヌードルのための野菜だし醤油

たまごかけヌードルのための野菜だし醤油。 一風変わった名前の商品を発売したのは、2023年3月…

ZENB initiative
5か月前
12

まるごと野菜をリッチなスイーツに ZENBスティックリッチテイスト

R&Dチームの吉澤と申します。 2020年に中途入社し、その時すでにZENBスティックオリジナル(=…

ZENB initiative
5か月前
16

毎日食べたいパンって何だろう。ZENBブレッドを世の中に送り出すまで

パンが大好きです。 パンの魅力は、ふわふわの食感と幸せの香り、そしてあのふんわりした見…

ZENB initiative
6か月前
38

発売まで4年「まるごと豆粉パン」 ZENBブレッドを生み出すまで

R&Dチームの水田と申します。まるごと豆粉パン「ZENBブレッド」の商品開発を担当したチームを…

ZENB initiative
6か月前
37

黄えんどう豆のヒミツ

ZENBヌードルやミール、マメロニ等ZENBの多くの商品に使われている「黄えんどう豆」。 実は初めから「黄えんどう豆」に着目していたわけではなく、野菜や豆、穀物など、あらゆる植物を試して、試行錯誤を繰り返してたどりつきました。 そもそも「黄えんどう豆」て何ものなんだろうか。大豆や他の豆と黄えんどう豆の違いて何か実は知らないことばかり。そんな「黄えんどう豆」のヒミツを紐解いていきます。 はじめまして「黄えんどう豆」です「黄えんどう豆」は日本ではなじみのない豆ですが、普段食べ

ただのマカロニじゃない。豆100%のマメロニだから広がる可能性

商品企画チームの杉山です。 ZENBマメロニはZENBヌードルに続く黄えんどう豆100%商品の第二弾…

ZENB initiative
7か月前
10

野菜と豆のおいしさでほっとするひとときを。試練を乗り越えたZENBミールスープベース

ZENBミールスープベースは、2023年1月に発売した、ZENBミールと一緒に使うことで食べるスープ…

ZENB initiative
8か月前
6

「もうラーメンを我慢しない」おいしいとヘルシーを目指して

2023年7月に発売したZENBラーメン。 ラーメン専用の麺とスープがセットになっているこの商品で…

ZENB initiative
8か月前
10

プラントベースでも本格的なカレーにこだわり抜いた まるごと野菜のスパイスカレー

「ZENBまるごと野菜のスパイスカレー」は、2023年1月に発売した商品です。実は商品企画の担当…

ZENB initiative
9か月前
13

3年の月日をかけて完成した 素材と食感にこだわったZENB チップス

ZENBチップスが発売されたのは、ようやく春らしくなってきた、2023年の3月のころでした。 発売…

ZENB initiative
9か月前
21

がんばらなくていい、おいしくヘルシーな食事を届けたい!新主食ZENBミールができるま…

ZENBミールは、2022年の8月に発売しました。 発売からもうすぐ丸1年たつZENBミールですが、ど…

ZENB initiative
10か月前
19

新米コンビで初開発!野菜だしにこだわったから“夜遅く食べても罪悪感なし” ZENBベジラーメンスープ

「ZENBベジラーメンスープ」は、2022年12月に発売したZENBヌードル用の調味料です。ZENBヌードルと合わせて、小鍋一つで簡単に豆のゆで汁まで使ったラーメンが楽しめます。動物性原料不使用で、野菜の出汁をメインに使用しているので名前は“ベジラーメンスープ”。フレーバーは「野菜だし醤油」、「野菜だし塩」「野菜だし味噌」「ベジとんこつ風」「トマトチリ」「ごま担々」の6種類です。 今回は、そんなラーメンスープができるまでの道のりを商品開発担当の伊藤妃渚よりご紹介させていただき