見出し画像

大盛況!初のアンテナショップ「ZENB STORE」実施レポート

こんにちは!10月26日(木)に、「本日ZENB STOREオープンしました!」という記事をUPさせていただきました、ZENBのイベントなどのプロモーションを担当している木村です。
 
あれから、あっという間に15日間の開催期間が過ぎ、11月9日に無事に終了しました。
ZENBとの「出会い」と「好き」を作るアンテナショップを目指してきましたが、おかげ様で大盛況!たくさんのご来店や、SNSでの応援、どうもありがとうございました!

ZENB STOREが好きすぎて、居心地が良すぎて、楽しかったなぁと、ふと思い出に浸る今日この頃。そんな余韻を噛みしめながら(!?)ZENB STOREができあがるまでのお話や、ZENB STOREへの想いについて語らせていただきます!


遡ること1年前、アンテナショップの計画がスタート

「期間限定リアル店舗を実施する企画がある」という話を聞いたのはちょうど1年前。そして、私木村がZENBに入社したのもちょうど1年前。
 
まさに、ZENB STOREと共に歩んできた1年間。
私自身にとって、色々な想いがつまったお店です。

ZENBを以前から知っている方はお気づきかもしれませんが、ZENB STOREはいつものZENBとはちょっと違うデザインです!

このデザインは、「ZENBを身近なものに感じて欲しい」ということを、カタチにしました。
今回、代官山T-SITEのGARDEN GALLERYでの実施となりましたが、街の雰囲気ともよく合う形にできたと思います。

店長(!?)のZENBさんは、ZENB STOREの人気者

デザインを検討中で登場したのがZENBさん。
顔の中に「Z」が入っているのがチャームポイントです。
店長的な存在で、私たちが伝えたいことを代弁してくれる働き者。
等身大のZENBさんは、フォトスポットとして一緒に写真を撮るお客様もいて、我々ZENBスタッフだけでなく、多くののお客様にも愛される名物店長になりました。

また、語らずにはいられないのが、象徴的な円型カウンター。

“お客様とのコミュニケーションが生まれるような円、そこからつながっていく縁”という想いの詰まった大きな什器だったのですが、なんと、すべて手書きなのです!温かさや親しみやすさ、力強さが感じられ、ZENBの商品を出会う場として、素晴らしい演出になったと思います。
 
他に、目に見えるものだけでなく、試食の提供に使用した紙カップや木製カトラリーも、ゴミとして捨てずに再生資源として回収し、ZENBらしい運営を心掛けました。
紙カップはティッシュの箱などの材料に、木製カトラリーは木材チップに生まれ変わる予定です。いつかまた活躍してくれるのは、うれしいですね。

ついに、ZENB STOREオープン!

ZENB STOREの初日は、朝7時から写真撮影や、関係者向けの発表会で大忙し!
オープンの13時には、お客様が来店されるところを見て、ホッとしたことを覚えています。来ていただいたお客様は様々。
「ZENBを既にご利用の方」、「ZENBの広告を見たが購入までは至っていない方」、「通りすがりに立ち寄っていただいた方」などがご来店いただき、まさにZENBが求めていた出会いがそこにありました。
 
直接お話しながら、商品紹介や試食を通じて気に入っていただけるお客様が多くスタッフもお客様も楽しい時間を共にすることができました。
きっと「好き」になってもらえる体験をお届けできたかと思います。
 
そして、今回は色々なライフスタイルのコラボレーターの皆さんとのコラボも
ストアでの出会いをもっと拡げられた素晴らしい企画になりました。

ZENB STOREの応援団!コラボレーターの皆さん

初日から続々と、色々なライフスタイルのコラボレーターの皆さんとの企画を実施しました!
 
青果ミコト屋さんとコラボした「ぜんぶがおいしいアイスサンド」は大好評!
ZENBチップスにアイスをはさみ、ZENBスティックを周りにコーティングした逸品。
そのアイディアとおいしさに皆さん満足されていました!

料理人の山本千織さんによる人気のお弁当chiobenとコラボした「ぜんぶがおいしいお弁当」は即完売でした!私もいただきましたがお味はもちろん、彩りも最高でした!

アウトドアクリエイターのYURIEさんと愛車の「サンシー号」がZENB STORE前に登場したり、

料理家ワタナベマキさんに来店いただき、特別なZENBメニューの試食を振舞いました。


そして、イベントではないのですが、
ZENB STORE内のBGMはタブラ奏者のU-zhaanさんが選曲していただいたり。
ストア外では、シンガーソングランナーSUIさんによるグループランニングも!

蔦屋書店では、ブック・コーディネーターの内沼晋太郎さんにZENBをテーマに選書いただいた「もしもZENBが本棚をつくったら?」コーナーを展開しました。

様々な関わり方で、たくさんの方にZENB STOREを盛り上げていただき本当にうれしい!
お祭り大好きな木村、年甲斐もなく毎日はしゃいでしましました! ( 楽しいが1番! )

ZENB社員もスタッフとしてフル稼働!

ZENB STOREでは、ZENBの社員も店頭に立ってよりきめ細かな商品説明をしようと計画していました。通常のお仕事もある中なのでどうかなぁと思いながら募集したところ、「お客様の声を直接聞きたい!」と40名近く集まりました!
普段オンラインでの販売が主なZENBにとって、お客様との出会いは宝物になりました。

社員以外の運営スタッフさんも、ZENBのことをとってもよく理解していただき、ZENBのことを好きになってくれて、社員と変わらぬ心のこもった接客をしていただいたこと、とってもありがたかったです。そのおかげでZENBの社員はお客様の声を聞くことに徹することができて、素晴らしいチームワークで運営できたと思います!

お客様との距離を近づけてくれたZENB STORE

ZENB STOREは、“出会い”と“好き”を作る場所にしたい、それぞれのライフスタイルに、ちょっとだけZENBらしさである“おいしい・健康・サステナブル”が加わるとうれしいな、と考えて企画しました。
 
どれくらいのお客様が来てくれるか不安でしたが、結果、8000人近くのお客様が来場、たくさんの商品を試食、購入いただき、感無量です。

お客様の来店アンケートでも、満足度の高いコメントを頂戴しました。
 
「ZENBって健康的なイメージはあったけど、サステナブルな一面があったとは驚きです!」
「まるごと食べられるってすごいですね。素晴らしい技術だと思います!」
「(試食をして)おいしい!ずっと試してみたかったんで良かったです。」
「定期でヌードルを購入していますが、他にもこんなに商品があったとは知らなかった!」
などなど・・・うれしい声をたくさんいただきました!!
(アンケートは大切に大切に、読ませていただいております。)

ZENB STOREとして、できることをゼンブできた!はず。

ZENB STOREはその名の通り、ZENBの商品を販売するお店です。
ZENBってじつはたくさんの商品があるのですが、このZENB STOREでは、今までのイベントで最も注目されるZENBヌードル以外の商品もまんべんなく、たくさんの方が色々な商品を手に取って、興味深く商品の説明を聞いてくださいました。
 
いつもは少し目立たなかった商品も、お客様から魅力を教えてもらったように感じ、ZENB STOREとしてできることをゼンブやったら、最後に全商品の魅力を再確認できました。
また、お客様自身で選んで、それぞれ好きな商品を見つけていただいていたので、ZENB STOREを通じて“出会い”と“好き”をつくれた!と感じています。

SPECIAL THANKS!

企画段階から、我々ZENBメンバーだけではなく、制作や運営まで協力いただけるパートナー会社として、ソニーPCLさんに入っていただき、場所や企画内容をディスカッションしながら決めていきました。

ソニーPCLさんは、木村から見て「何でも創れるクリエイティブ集団」。世界のソニーグループのクリエイティビティを象徴したような会社です。

そんなクリエイティブの最前線をいくソニーPCLさんの提案に、時には私自身の思考が追い付かないことも・・・。ZENBメンバー全員が理解するまで歩み寄っていただき、こだわるところはとことんこだわって、ZENBとして伝えたいことを形にしてくれたことに、本当に感謝しています

そして、名物店長のZENBさんや、店内にある様々なZENBを楽しむ人達のイラストを書いていただいたのが、AFFORDANCEさん。とても素敵なイラストを書き起こしていただき、木村自身も大ファンになりました!
 
協力会社の皆さん、ZENBメンバー、そして来ていただいたお客様、応援してくださった皆様、本当にどうもありがとうございました!!

ZENB STOREでの経験を活かして、これからもたくさんの方に“出会い”と“好き”を作れる活動をしていきたいと思います!
 
ZENB STOREまだまだ続きます! 今後の展開をお楽しみに!


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!